コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

スカイプレッスンに欠かせないもの

securedownload.jpg DSC_0085.jpg
今息子がお世話になっているところのレッスンでは、主に男の先生で
お願いしているのですが、毎回チャンツをとりいれてくださっています。

チャットボックスに先生が書き込んでくださるので
毎回私がノートに書き落として、寝る前にもう一度読んでもらうのが
日課です。

今日のチャンツはcityとcountryがでてくるのですが
先生に"Do you live in the city??"と聞かれて、"Yes!!"と自信たっぷりに
答えていたので思わず吹き出してしまいました。
「だってskycsraperがたくさんあるじゃん」と不満そうな顔。
ちなみに息子にとってのskyscraperはお友達のマンションです。。。
あと、ぽんぽこ狸合戦にもでてきたよねーと言ってました。そうそうあれがskyscraper
なんだけどねーとか思いつつ。

2番になってcountryが出てきたとき、
”Oh!I had a mistake. I don't live in the city. I live in the country!!”と
叫ぶ息子に大人は爆笑。。
今日も楽しいレッスンでした。

レッスンではチャンツや絵を見ての説明などをしつつ語彙力をふやしていくように
していただいていますが、わからなかったり、うまく説明できなかったものは
この英英辞書を使って、私がまとめてます。
もうすこし、大きくなったら自分でやってもらおうとおもってますが、この辞書引き。
大人の私が楽しいです☆
スポンサーサイト
コンテントヘッダー

たまには英語のお話。。。

昨日、近くの英語教室の体験に行ってきました。

スカイプでレッスンをしていると、伸びが分からなかったり
迷いどころも満載で、外の世界との交流がほしくて。。。

そこはネィティブの先生と日本人の先生で25分ずつの交代制、計50分のレッスン。
息子は小学生1-2年生の回に割り当てられていました。

娘も先に体験しましたが、虫の居所が悪かったか、男の先生が苦手だったか
やだ!!と号泣しレッスンにならず。

なのに息子の回になって息子がのりのりのせいか、ずっとお兄ちゃんに
べったりでした。。。
内容も簡単なものだったので本人有頂天(苦笑)。

簡単なものもいいもんだなぁと思いました。
スカイプでは、先生たちはまぁすごく褒めてくれるけど、本人なりに
すんなり話せるレベルではなく、ちょい難しめ。
知らない単語もちょくちょくでてくるし、達成感的なものが少ないのかなと。
でも昨日はとても楽しそうで、かつ小学生のお兄ちゃんから、幼稚園やのに
英語できてすごいな!と褒めてもらったようで、毎日こつこつがんばっている公文に
ORTの本読み、スカイプと、自分がやっている努力は無駄じゃないこと。
それをわざわざアピールしなくても、気づいてくれる人がいるという体験をして
また一つ階段を登れたようです。
何よりの収穫でした。いくら私が口で言っても、理解できない体験ができたことは
とてもありがたいことです。

先生がかなりのイギリス英語でびっくりしましたが、息子はなんなく受け入れてました。
正直レッスン外のフリートークは、わたしなにをゆうたはるのか、びみょーでした。

でもフルセンテンスでしっかり言わせているスクールで、今まで体験した中では
ネィティブの先生はしっかりしているんじゃないかと。
特に男の子にはおすすめの先生だなぁと。

来月から一か月のおためし体験ですが、本人の希望もあり、夜のクラスに入ることに
終わるのは8時20分。。。。
毎日8時に寝てるのに絶対無理だと思うんですけど。
まぁ、久々の対面レッスン。楽しんでくれればと思います。


さてさて本日の読み聞かせ絵本はこちら

気持ちはすっかりハロウィンのわが子たち。
少し長すぎるかなと途中で逃亡覚悟で選んだこの本。意外と最後までしっかり聞き入っていました。
何個かわからない単語もあったと思いますが、基本わかりやすい言葉が多いし
大好きな魔女に宇宙飛行士に海賊にと登場人物も気に入ったのかな。
何度かこれを読み込み、このシリーズに手を付けていきたいです
コンテントヘッダー

もっとほめてあげないとな。。。

今日からコースブックもレッツゴー4に入りました。
内容的には不規則動詞の過去形、およびその否定文、疑問文です。
過去形はORT を読んでいると、普通に出てくるのでだいぶなれて
来たようです。

会話の流れでWhat did you do today??って聞かれて
すぐI went to....って始めれるときもあればI go to....と始めるので
横で私がOooo!というと直すときと半々ぐらいですかね。

今日の先生ははじめての先生だったのですが、とても誉めてもらい
息子は有頂天でがんがん読んで答えてました(笑)。

日頃参考にさせていただいているブログで、数多くのスーパーキッズを見ているので
我が子がすごいなんて、思ったこともありませんでしたが
去年の九月にスカイプを始めた頃にはappleすら読めなかった息子が、簡単な
えいごの本を読んでいると言うことは、すごいことなんだなぁと改めてもっと
我が子の頑張りを認めて誉めていかなきゃなぁと反省しました。。。

継続は力なり!ですね。



コンテントヘッダー

英語に何を求めるのか??

最近このことについてよく考えるようになりました。

自分自身英検2級をとった段階で、これ以上は英検を受けても仕方がないから
TOEICに変更したほうがいいよという英会話教室の先生のアドバイスもありました。
でも、今の私にとってビジネス英語であるTOEICは必要がないし
将来的にも今はそういう方面での社会復帰を考えているわけではないので
より時事問題を取り扱う英検で級をあげていこうと考えました。

またがっちり日本語脳の自分の頭をすこしずつより英語的表現を使って
英語脳の育成に努めること、語彙力をふやすことが今の私の目標です。

でも子供たちには???

そんなとき、この記事を読みました。
まさに今の私の考えにぴったり!!  以下抜粋です。

英語に限らず語学は「読む、書く、聞く、話す」の4技能がそろって初めて
習得できたといえるものです。
日本人の場合、長らく「話す」技能が他に比べて劣っているといわれてきました。
明治以降「読む、書く」力の指導を重視してきたことを考えれば当然だと言えます。
ただ昨今中高の英語教育はそれ以前とは比較にならないくらい「聞く、話す」技能の
育成に力を入れています。
しかしながら、英語が母語ではない日本人にとって、本当に必要とされる英語力は
なんなのかと考えたとき、それは「話す力、会話力」だけではないと考えます。
もちろん話せなくてよいと言っているのはなく、会話はあとから学べばいいのです。

海外の学会などで発表する機会の多い友人がよく話すのは「会話はなんとでもなる。
大変なのは英語で論文を書くことだ」と。

会話の前提となる相手の言っていることを「聞く」力と、基礎となる「読む、書く」
力が備わっていれば「話す」こと自体は環境に入りさえすればそれほど苦労せずに
力を高めることができるのです。

まずたくさん聞いて、たくさん音読すること。
そして英語の文をたくさん読むこと。
英語の文章を読んでいれば読解力を高めることができ、それが話す力をも
牽引してくれます。

そして親ができることは、毎日の学習を見守ってあげること。
英語に限らず語学を習得したいと思えば、毎日触れることが大切である。
お子さんが英語力を身につけていくために大切なのは、親の英語力ではなく
お子さんの英語学習に関心を持ち、英語の世界を広げてあげることである。                                  学校法人秀明学園理事長 川島 幸希
コンテントヘッダー

本日の取り組み

朝起きて階段にあるのを見つけ、音読してました。

今日はレッスン中にこれを読みました。

読み終えたらレッスンが終わりましたけどね(苦笑)。
だいぶ過去形にも慣れてきたようです。
たぶんなんでこんな風になってるのかとか、わかってはないけど、
単語になれるという意味でいまはこれでいいのかなと思ってます。

それから我が家にはORTの音源がないので、私の発音のみで聞いてるわけなんですが
Oxford Owlを使って、再確認。
ご存知の方も多いとは思いますが、素敵なサイトをみつけて母は大喜びです。
すべてのORTが聞けるわけではないんですけどね。
今日はこのサイトを見ながらThe Pirates AdventureKipper and The Trolls
聞き読みしました。





で、英語サイトを使ってThe magic spellというお話を。
しらない単語も結構あったのですが、The Pirates Adventureにでてきた
”Don't be silly."のフレーズが出てきていたし、魔法系だったので気に入るかなぁと
思いきやビンゴでした
プロフィール

ぶんぶん

Author:ぶんぶん
大阪で生まれ育ち、中高と大阪の女子校に通い、
大学は神戸とばりばりの関西人。
2年ほど金融機関で働き、息子の妊娠を機に、
パートナーの勤務地である広島尾道へ。
就職以来出る出ると言われつつ、未だ海外赴任を経験することなく今に至る。

2005年7月に息子を出産。
2007年11月に娘を出産。

スポンジのような頭に、いかに本人が勉強していると思うことなくいろんな情報をインプットし、いろんな体験をさせてあげられるか模索中。
多様性のある見方ができる、自分の意見をきちんと人に伝えることができるそんなひとになって欲しいと思います。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村 子育てブログ バイリンガル育児へ
にほんブログ村 子育てブログ 子供の習い事へ
最新コメント
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。