コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

そしてそして。。

息子の現在の英語学習スタイルは、週に5回のスカイプレッスン。
読み書き(私的には書きがメイン)は毎日5枚の公文です。

最近読み書きができるようになってきてよかったなぁと思ったこと

先日車の中で林明子さんの、おふろだいすきの英語版CDをかけ流していました。
もともと日本語版の大ファンの兄弟ですが、娘はCDにあわせて
宇宙語をごにょごにょ。息子はCDにあわせ本を朗読しようとトライしてました。
年のせいもあるのでしょうが、それぞれの異なるアプローチ法がおもしろいなと。

息子に関しては、文字を読むことで、今まで意味は分からんけどリピートしてたものが
より吸収されるというか。
目が悪くなるなぁという点以外は続けていきたいなぁと思います。

小学校に入り、スカイプの時間が取れなくなってきたらと思うと
やっぱり自分でがんがん本を読んで、レベルを上げていってほしい。
そう思うと今のうちに何らかの流れをつくっておかないとなぁと思っています。

公文英語はIに入りました
国語でも習っていない漢字が出てきたりしますが、漢字大好きっこなので
見よう見まねで書くようになり、少し子供には難しい話かなぁと思っても
家族で意見交換をするいい機会になったりと、今のところ我が家では
いいこと尽くしです。

やはり日本語あっての英語だと、文法をまなびはじめると痛感しますね。
でも、これも中学受験には必須の国文法を今から時間をかけて習得できる
いいきっかけだと前向きに母はとらえています。

昨日news23で、加熱する中学受験というタイトルの放送がありました。
迷わず見ましたが、数年後わが子たちがあの場に立つのかと思うと
胃がキューーーっとなりますね。
自分が立ってるほうがよっぽど楽(苦笑)。
ほんと親ってすごいなぁと思います。
スポンサーサイト
コンテントヘッダー

最近の我が家の英語

いろいろなブロガーさんの紹介されているものを見ては
ちょこちょこ購入しております。。
物欲は止まりませんなぁ。

最近はアマゾンUKから購入しています。
もうだいたい子供たちの好みがわかってきたのであえてセットで
かつっと買うのはORTだけですね。
購入したのはこちら。
Oxford Reading Treeの"Songbirds Phonics"
kipperたちはでてこないレベル分けされたohonics本。
あくまでも私の、私の考えですが。。。
私の時代、あったのかもしれませんが、phonicsというものはメジャーではなく
教えてもらったこともありません。
ただ、読みの量を増やせばだいたい意味が分からなくてもこう読むんだろうという
憶測をたてることができます。
これがまぁphonicsのようなものではないかと思っています。
少なくとももう教室に通っていない息子はphonicsを習う機会は
ありませんし、私も教えることはできないので、自力で習得していってくれとしか
いいようがない

あとこちらはハードカバーです。サイズは小さいけれど。
Oxford Reading Treeの"First Skills"
レベルとしてはORTの5か6ぐらいかな。
題材が形だったり天気だったり色だったり時間だったり、入園準備的な感じ?!
知っている単語がぼこぼこでてくるので、聞きやすいようです。
コンテントヘッダー

公文の英語

意外とみなさんに聞かれることが多い公文の英語。

CMでもおなじみのぽちっと該当の箇所を押すと、英語の音声が流れる
e-pencilが人気のようです。

アメリカのおもちゃ、リープフロッグのようなものです。

わが家も持っていますが、本を購入し、パソコンで音声を取り込んで
遊ぶことができます。
DORAやSPIDERMANなど、おなじみのキャラクターものの本も豊富で
娘は暇な時間に、ぽちぽちおしながら遊んでいます。

話を元に戻して。。。
公文の英語は聞き読みのような形になるのでしょうが、明らかに読み書きに力を
いれています。聞き読みというほど、単語数はありません。
もちろんもっとレベルが上がれば、違ってきますが。。。。

多読をされている方たちにはおなじみのこちらの本からの抜粋がJⅡの初期で出てきますので
なんとなく感じはつかんでいただけるかも


私個人の感想として、正直、これだけで話せるようになれるとは思っていません。
息子より、進んでいる幼児さんをお持ちの方とも、意見交換をさせていただいたりもするのですが
全く話せないとおっしゃっていたのがとても印象に残っています。

ちなみに息子が今しているのはHⅡ 動名詞 不定詞 比較 受動態と
中学英語まっさかりの範囲です。

そもそも我が家が公文英語を始めたのはちょうど一年前。
知り合いの方がスカイプで英語をされているという話を聞き、我が家も
スカイプの世界に足を踏み入れるも、当時息子はまったく読めない状態でした。
appleですら読めませんでした。

もちろん読めなくてもレッスンはしていただけるのですが
歌を歌ったり、カードを見ながら物の名前をいったりというところから
始まるレッスンを見て、これは読めないと、パソコンを通してのレッスンを
継続するには難しいなと感じ、読み書き強化と思い公文を始めました。

初めはただ単語を書くだけですが、今はこんな文章を書いています。
DSC_0111.jpg

もちろんすべて一人で書けることはなく、前を見て単語をチェックしたりしながらですが。
で、あえてここで習ったものを使ってスカイプで話すよう促します。
今なら。。。
be fond of ...ing
be good at ...ing
be interested in ...ing
be tired of ...ing など。

すべてを網羅する教材などないと私は思っているので、私にとって
公文は完全に読み書きを入れるものですね。
洋書嫌いの息子はなぜか公文は嫌がらずに読むので、ここで語彙力を増やして
それを実際にスカイプで使っていく。
この二つを両立させることが今はいいバランスなのではと
思っています。

何よりうれしいのは公文を始めたことで、読みが定着してきて、洋書嫌いの息子が少しずつ
私の洋書の読み聞かせを聞いてくれるようになったことです。
が、自ら進んで、一人で読むことはいまだにありません。
一人読みは基本図鑑か、今はアラビアンナイトに夢中です(←もちろん日本語)

ここは娘とは違うところですね。
彼女は喜んで英語音声のものを聞くし、洋書の読み聞かせであろうが
日本語の本であろうが、イヤーということはありません

私は公文英語、おすすめです。
ただ、これは息子がちょうど書きがしっかりすでに入った年中さん秋から始めた
のがよかったのかなという気もしています。
だだだと、ここまでペースよくこれたのも、我が家の場合、この年齢より
小さかったら頭打ちがあっただろうなぁと思っています。
コンテントヘッダー

チャンツ

つい最近までチャンツというものにあまり関心を払ってきませんでした。

思い返せば、お友達と一緒に体験に行ったお教室でもこの本を
つかった授業が行われており、子供たちにおおうけでした。


そんななか、今年の夏ワークショップにておむすびころりんの英語劇を
したのですが、その劇はチャンツを合間に入れたものでした。

さがしているとこんな映像をみつけました
興味がおありでしたら一度覗いてみてください。
JazzChants おむすびころりん

私たちがしたものは、tomo先生のアレンジでこの映像どおりではありませんが
チャンツ部分はほぼ同じチャンツをうたいました。
いまだに≪no cats!≫の部分はこどもたちのお気に入りでドライブのBGMになってます
そのチャンツを作っていたのが、ジャズチャンツ創始者のキャロリン=グレアムです。

タイムリーなことに、このワークショップに参加する前に、友人からこれいいよ
紹介してもらい、我が家も購入したこちらも彼女の作品でした。


今までどれだけ英語の曲をかけてもあまり反応してこなかった子供たちですが
私が率先して歌い楽しそうにしてると、特に娘は食いついてくれるように。
我が家の場合ただかけ流すだけでは見向きもしてくれませんでしたが
ちょっとした工夫でより活用できるようになりそうです
プロフィール

ぶんぶん

Author:ぶんぶん
大阪で生まれ育ち、中高と大阪の女子校に通い、
大学は神戸とばりばりの関西人。
2年ほど金融機関で働き、息子の妊娠を機に、
パートナーの勤務地である広島尾道へ。
就職以来出る出ると言われつつ、未だ海外赴任を経験することなく今に至る。

2005年7月に息子を出産。
2007年11月に娘を出産。

スポンジのような頭に、いかに本人が勉強していると思うことなくいろんな情報をインプットし、いろんな体験をさせてあげられるか模索中。
多様性のある見方ができる、自分の意見をきちんと人に伝えることができるそんなひとになって欲しいと思います。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村 子育てブログ バイリンガル育児へ
にほんブログ村 子育てブログ 子供の習い事へ
最新コメント
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。