コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

その後の公文。。

結局見てくれる(実際指導に当たってくれる)先生の数の多さと
息子が大好きだった、同じ幼稚園出身のお兄ちゃんたちが何人か
いるということもあり、公文教室に通い始めることにしました!

といっても春休みはラストスパートかけてしっかり取り組みたいと思っているので
かなり教材を自由に扱える通信で3月一杯は取り組んで通うのは4月になってからかな。

本日は腰を痛めた夫が午後休をとって帰宅。
整形外科に行ったりと少しばたばたとしたものの
普段の生活を垣間見てもらえたのでよかったかな

やはり大人が一人増えるだけで圧倒的に子育ては楽になりますね。
なんだろう、、土日は、そんなにこういう感じを抱くことはないんだけど
普段いない時にいてくれたから余計そう思ったのかな

さてさてお調子者の息子。
昨日もとあることをやらかし、初めてじゃないかな。。
夫に喝いれられてました。
一緒にいていたお友達家族がびっくりするぐらいの迫力で(苦笑)。

もともと本当に社交性のある子で人見知りもしない彼。
今までは幼児として、それはプラスに働くことがほとんだだったんだけど
もう小学生。そうもいっていられない場面がふえてきました
今まではそこまで怒られずに、まぁかわいいねぇ、よくおしゃべりできるねぇ
と言われていたことが、いい加減にしなさいといわれることもあり。
幼児がしてもいいのに、男子がしてはいけないことに本人もとまどっているよう。
でもこれから電車通がまってます。
私たち親の目の届かないところで、人様に迷惑をかけるようなことがあっては
絶対にいけないので、そこは子どもだからという言い訳は通用しない世界。
一つ一つ、口を酸っぱくして言い聞かせていくしかないですね。。。

その点娘は人見知りなぶん、しょうもないことを(苦笑)することがないので
まぁ安心ですね、みてて。。
スポンサーサイト
コンテントヘッダー

性懲りもなく。。。

お友達から、ここのお教室は評判がいいよと紹介いただき
今無料体験中の公文教室へお邪魔してきました。

教材自体は通信ですでにもらっているので、その教材を自宅から
もっていき、純粋に教材を教室でするというだけのもの。

このブログをながく見ていただいている方はあれだけすったもんだ
したのに。。。と思われるかもしれませんが(苦笑)。
はい、私もそう思います

最近思うのが、子どもが大きくなるにつれ、状況も変われば
その子の状態も変わり、親の状況も変わり。。
孟母三遷ではないですが、それに応じた取り組みをとるのも一手なのではないかと。

英語の先生にしろ、導入はこういう先生がいいけど、慣れてきたらこういう先生で
スキルアップするならこういう先生と別れているように、
その状況に応じた先生、教室を探していくのはありじゃないかと。

もう一回教室に行こうかなと思った理由として。。

我が家の場合としては、私の一番の課題、わが子をほめるというのが
なかなか難しく。一個褒めたら、二個も三個もハイ次はこれ頑張ろう!と
いってしまいます。。はい。
第一命題とのぼっていながら、よく惨敗ってな感じ
なので、間に第三者をいれてほめてもらうということをしたほうが
いいのではということ。引き続き、私も頑張ります。もちろん。。


そして最もおおきいのが、最近の息子の口のきき方です。
なんていうのかな、乱暴とかそういうのではなく、失礼なんですよね。

夫は年齢が上がってきて、そういう年頃だからなぁといいつつきちんと
叱ってくれますが、日々一緒に行動する私は朝から晩まで怒りっぱなし。
昔はもっときちんと話してたのになぁと思うと
関係ないかもしれませんが、習い事をすべて家庭内で済ませるようになり
圧倒的に大人との触れ合いが減って、きちんと!話をすることが
なくなってきたからなのか??とも思ったり。
もちろんもっともっと親子間でコミュニケーションをとっていくことが
大前提ですが。


まぁ息子としてもずっと私とべったりよりは週に一回でも
友達やお兄さんお姉さんの中で切磋琢磨のほうがいいのか??

なんにせよ、すぐに結論は出さず、ゆっくり見ていきたいと思います。
コンテントヘッダー

最近の公文

息子
英語I①教材に入りました。
算数はD教材で足止め中。
割り算が彼には難しいようです
こればっかりは数こなしてもらわんとね。頑張ってくださいまし。
国語はD①教材。わからない言葉は自分から辞書を引くようになりました。
それだけでも大進歩かな。
文章は徐々に難しくなってきました。
というより漢字が難しくて、解答欄に収まりきらずという感じです。

息子はけして天才タイプではありません。。
親から冷静に見て。。
が、日々の努力を積み重ねることができるのは彼の長所だと思います。
そこを大事にしていってもらいたい。

どの習い事をさせるにしろ、結果そうならなくてかまわないんだけど
目標をもって、親が陰ながら、取り組むことって大事なんじゃないかなぁと思います。
そうならなくて構わないというのは語弊があるかな。。
その通りにならなくても、決してこどもを責めないという意味で。

漠然とすると漠然とで終わってしまうから。
英語でもピアノでも勉強でも
世の中には習い事だって学校だって★の数ほどあって。
すくなくとも私はこうなりたいから、ここまで持っていきたいから
という思いで選んできたように思います。

ただその目標って自分しか見えてないと低いものに
なりがちだったり、子どもに過度な期待をしてしまったり。
ちと難しい。

子育ては親育て。。
まずは自分の視野を広くしていかないとね。
そう思うと私たち親も勉強って大事だなぁと思います。
自分の世界が決してすべてとは限らないから。
子どもをどんな世界にはばたかせていきたいのか。
それによって接し方も変えていかなきゃなんだろうな。
コンテントヘッダー

公文~休み中~

息子が現在やっている教材です。
DSC_0170.jpgDSC_0165.jpgDSC_0168.jpgDSC_0166.jpgDSC_0169.jpg

冬休みなので、今やっているところと並行して来年から小学校ということもあるので復習を兼ねて
バックナンバーにも取り組んでいます。
現行分が20枚、復習分が30枚を冬休みの課題にしようかと思っています。

国語の内容や英語の読みものが少しずつ難しくなってきました
点字の成り立ちだったり、奴隷制度についてだったり
まだまだ年長の彼にとっては意味をすべて汲み取ることが難しい。
そもそも私たちが安易につかう「えらいさん」という言葉だって
「偉い」→地位、身分が高い、、、なんていうのもいまいち理解が難しい。
なので、少しづつでかまわないので理解が進むよう
いい本はないかと日々図書館行脚の日々です。
これは古い本ですが、幼児目線になっていて、わかりやすかったよう。


さてさて冬休みの間は娘も公文タイムです。
DSC_0171.jpgDSC_0172.jpg>DSC_0173.jpg
少しずつ読むスピードもあがってきたかな
書きはとても丁寧にします。
少し乱れても注意するとすぐ元に戻せます。
そんな妹に戦々恐々の兄。そうそう妹にきれいな字を書かれたらお兄ちゃんとしても
メンツがありませんからねー。
しかし彼女はお兄ちゃんが読み聞かせをしてくれたり、私がしたりと自分で
読む機会が明らかに少ないので自力読みのスピードは息子に比べると
ゆるやかですが、それも個性。
ゆっくり行こうと思います。

DSC_0175.jpg
娘はこういう作業が大好き。もくもくとこなします
こういうところは息子にはなかったなぁ。。。
コンテントヘッダー

公文の近況

今日は最近の公文の現況をすこし。。。

いよいよ来週にせまった英検4級の試験。
前回はくもんが取りまとめをする教室で、知っているお友達は
皆無だったし、住所氏名等を必ず漢字で自力書きでと言われていたので
親子ともども緊張していましたが、今回は以前通っていた英語教室の先生の
ご厚意で、教室で受けることになり、息子も私もリラックス。

まだ一回も通しで問題をといていないというリラックスぶりなのですが。。。
毎日のスカイプレッスンで英検の長文問題を取り入れてもらっているぐらいで
家で全くのフォローをせず今に至ります
at once だったり look for だったり知らない言葉はつど覚えることにして
もし知らない単語がでても、それは飛ばして、読むという練習にもなってる
んじゃないかなぁと思っています。

ちなみに今日知らないと言われたのはclassical music。
家でクラシックかけないもんね。。。。基本母の好きな洋楽か宇多田、マイラバ
juju(Coccoは一応の配慮として、子どもがいるときは聞かない。。。大好きだけど)
だしね。
オーケストラに何回か行ったことがあるので、まりちゃんがひいてたのがそうだよーと
伝えましたがどこまでわかってるかは微妙。。
明日は図書館でなにかしら借りてこようかな。


英語はいまH①をしていて、一応H②からが4級うけてもいいよーということなので
英検が終わるまでは、英語に比重を置いて、国算はやや減らし気味。
といってもすきま時間を見つけて各教科5枚はできるよう調整中。

一応の波をこえた国語は今D①。
文章もごんぎつねや注文の多い料理店など名作揃い。
ごんぎつねの名シーンには彼岸花がでてきますが、あのシーンを読むと
真っ赤な彼岸花が咲き誇る情景が頭に浮かんでほしいなぁと
今がさかりの彼岸花を見に土手を歩いてみたり。。。

なかでも注文の多い料理店にはまりにはまった息子に購入したのがこれ。

しかも挿絵はスズキコージさんとまさに息子のための本(苦笑)。

ミキハウスから宮沢賢治シリーズで出てますね。
揃えようかなぁと思いましたがいいお値段なので断念
読みやすいかなぁとあわせて「セロ弾きのゴーシュ」も。


算数はあまりのある割り算に四苦八苦してましたが、ようやくDへ。
始めはCの復習ですが、最後のほうから分数に入ります。

いろいろな波を乗り越え、本人いわく、、、英語は別格で楽しい。
次は国語が好き。算数も嫌いではないらしい(苦笑)。だそうです。

あとは四則計算を筆頭に読み書きを徹底したうえで肉づけをしていけたらなぁと
画策中。
小学校に行ったらひまなんじゃない??と言われたりもしますが
息子が希望する小学校は、個々が自分の考えを全体に発表し、自分はこう思うんだけど
どうかな??と、自己理解だけではなく、他者を納得させる論理力を
日々の授業で磨いていくような授業をされているので、今息子がしているものとは
また別の角度からのアプローチになるので、きっとまた違うものが生まれるのではと
思っています。
まぁこれは受かってからの話ですね、はい。

何をしようかなぁ~。

考えているときが一番楽しいです
プロフィール

ぶんぶん

Author:ぶんぶん
大阪で生まれ育ち、中高と大阪の女子校に通い、
大学は神戸とばりばりの関西人。
2年ほど金融機関で働き、息子の妊娠を機に、
パートナーの勤務地である広島尾道へ。
就職以来出る出ると言われつつ、未だ海外赴任を経験することなく今に至る。

2005年7月に息子を出産。
2007年11月に娘を出産。

スポンジのような頭に、いかに本人が勉強していると思うことなくいろんな情報をインプットし、いろんな体験をさせてあげられるか模索中。
多様性のある見方ができる、自分の意見をきちんと人に伝えることができるそんなひとになって欲しいと思います。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村 子育てブログ バイリンガル育児へ
にほんブログ村 子育てブログ 子供の習い事へ
最新コメント
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。