コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

夫婦の会話

子ども達が早く寝静まり。。
彼もミイラ取りがミイラにならず(苦笑)生き残っていた
場合、ゆっくり夫婦の会話をすることができる。
この時間が私のストレス解消の源ともいえる。

いまは大体が子どもをどういう風に育てていこうか
という話につきるのだが。
自分はこうやってもらった。こういう事が記憶に残ってる。
だからこういうところを取り入れて、こういうことはしないでおこう
と言う風に。

特に私は一人っ子なので兄弟がいるうえでの子育てが
わからないから、彼の意見を素直に受け入れようと思う。

彼は私と違い、手を挙げるのには反対派。
そのことから、体罰を率先して行ってきた私の父からは
『優しいパパやなぁ』と言われ、こちらがはらはらしたこともある怜
しかし彼は、自分のお父さんは何しても誉めてくれたから。
安心するし、大好き。だから子ども達にも同じように接して
あげたいという。
言われてみれば私自身、母に対しての思いと同じ。

でもこれがいざ実践するとなると難しい。。
子ども達のことは大好きだけれど、できてないことろのほうが
目についてしまい、礼儀作法に始まり、口の利き方や、知育的なこと
あれもこれも身につけて欲しいと思うが故に、つい口やかましく
言ってしまう。
まずほめる。
ふたりともほめられるとすんごくいい顔するしなぁ。
手放しで、存在自体を喜べるのが親なんだし。
何があっても両親が居ると思ってもらえる親に。。。。
なるのが理想です。いや、ならなきゃね。
スポンサーサイト
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ぶんぶん

Author:ぶんぶん
大阪で生まれ育ち、中高と大阪の女子校に通い、
大学は神戸とばりばりの関西人。
2年ほど金融機関で働き、息子の妊娠を機に、
パートナーの勤務地である広島尾道へ。
就職以来出る出ると言われつつ、未だ海外赴任を経験することなく今に至る。

2005年7月に息子を出産。
2007年11月に娘を出産。

スポンジのような頭に、いかに本人が勉強していると思うことなくいろんな情報をインプットし、いろんな体験をさせてあげられるか模索中。
多様性のある見方ができる、自分の意見をきちんと人に伝えることができるそんなひとになって欲しいと思います。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村 子育てブログ バイリンガル育児へ
にほんブログ村 子育てブログ 子供の習い事へ
最新コメント
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。