コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

公文英語G1 終了

G1ははじめて繰り返しが始まりました。
2~3回したんじゃないかな。

とりあえず、息子は帰国子女ではないので、私のパートナーのように
文法のことはよく分からないけど、そんな使い方はしないって感じるなーんて
わざは無理なので(といっても最近それに近いインプットをしてあげれば
自然とそれがおかしいと気づくことになるのか???とそのインプットをどうすれば
いいのか迷うところでもあるのですが)私が習ったように5歳にしてはきっちり
文法を教えています。

たまに教え方に迷ったとき、彼に相談すると、そんなこと考えたことない。
自然と違うって分かるとか言われちゃうのですが
でもそれって最近は大切なことだなぁっておもうんです。
要はそれだけの量の英語に触れてきたって事だと思うから。
ただ、息子の性格上、理解できないものが苦手になっていくきらいがあり
理屈っぽい性格でもあるのである程度の仕組みを知っておく方が彼には良いようです。

G1では主に一般動詞、be動詞の現在形の肯定文、否定文、疑問文に取り組みます。
動詞の後ろの目的語には代名詞の目的格を持ってこなくてはいけない。
動詞や形容詞ってどんなものなのか。
頭に入る入らないにかかわらず、文法用語で話します。
最初は呪文みたいな感じでも良いのでどんどん文法用語にもふれて苦手意識を
なくしてもらいたい。

先日多読教室の先生とお話ししたときに、先生自身も多読などでつちかわれる
生の英語力と、学校で求められる細かいところまで意識した、ゆってしまったら
しゃべれなくても文章構成が分かってさえいれば解けるような問題には
どうしても開きがあり、特に大きくなってから多読をはじめた子どもたちは
その二つの間で板挟みになり、いったんお教室をやめることもしばしばだそうで。

なんとなく帰国子女の子達が文法問題が苦手なのににてるなぁと勝手に解釈。

小さい頃から英語に触れている子どもに関してはあまりそういうことはみられないとは
おっしゃってましたが。

とはいえ英語はあくまでもコミュニケーションのツール。
話すもの、伝えるものが自分の中になければどれだけ英語がしゃべれても
始まらない。
英語に毎日触れていく中で、日本人であることをわすれず、世界に日本という国のことを
説明することができ、色んな物事に自分なりの意見を常に伝えていける人になっていって
もらいたいものです

今年一年の目標
英語J2(高校初級)終了
算数 F(小学生で習う四則混合計算)終了
国語 E2(小学校5年生相当)終了
スポンサーサイト
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ぶんぶん

Author:ぶんぶん
大阪で生まれ育ち、中高と大阪の女子校に通い、
大学は神戸とばりばりの関西人。
2年ほど金融機関で働き、息子の妊娠を機に、
パートナーの勤務地である広島尾道へ。
就職以来出る出ると言われつつ、未だ海外赴任を経験することなく今に至る。

2005年7月に息子を出産。
2007年11月に娘を出産。

スポンジのような頭に、いかに本人が勉強していると思うことなくいろんな情報をインプットし、いろんな体験をさせてあげられるか模索中。
多様性のある見方ができる、自分の意見をきちんと人に伝えることができるそんなひとになって欲しいと思います。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村 子育てブログ バイリンガル育児へ
にほんブログ村 子育てブログ 子供の習い事へ
最新コメント
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。