コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

ORTレッスン二回目 The Dragon Tree

今日は私がお世話になっているブッククラブにて新しく企画されて始まった
ORTを使ったレッスンの日でした。

今までほとんど自力読みなどしたことがない息子。
洋書嫌いで、私が読むのですら嫌がっていました。

それが公文をはじめて、公文の英語には抵抗なくすんなりとけこみだし。
単語や文法がすこしずつ蓄積されていって、今まで何の気なしに使っていた
フレーズの意味を理解し、毎日英語を耳にすることで英語の活字に対する拒否反応も
うすれてきたのかなと。

そんな中で新しい出会いがありました
多読をメインにされている英語教室にて読み聞かせがあることを知り、連れて行くと
ORTが読まれ、続きが読みたいと言いだしました。
ケビン先生の読み聞かせにいったおかげで、ORTがすんごくおもしろいものだという
インプットがはいりました。ケビン先生の読み聞かせは私にとってももちろんプラスになりました。
どうやったら子どもが興味を持って洋書を聞いてくれるようになるか、すこしでも
ケビン先生に近づけるよう日々読み方をアレンジしつつ読んでいます

そしてYuki先生のORTレッスン
今は音読が出来るようになってきてるのが楽しくて楽しくて。
しかもそれを誉めてもらえることが嬉しくて嬉しくて。
まだ過去形の存在があいまいな息子にとってはreadをri:dと読んでみたり
所々ある読み間違いを一度息子に読み切らせた後に、すべて直して下さります。
これ、母も見習わねばなぁと。私は音読を聞くとき、つい間違えた都度にとめてしまうので
息子のやる気をそいでたんだなぁと

読みの後はストーリーについての質問があります。
私ではあんなにすらすら英語が口をついてはでてこないので、先生がしてくださった
質問は本に書き込むようにしています

そして多読自体が初の試みの母としては、まるで英語教室に通っているように
レッスンの後、英語育児に関する質問を日本語で!!(これ私には大事です
させて頂くことができる。
うちのこはORTを読むときは必ず音読なんだけど大丈夫かなとか。
読みを強化するにはどうしたらいいのかなとか。
普段英語育児を進めていく上で、一人で煮詰まることなく進めていけるのがありがたいです
企画して下さったHollyさんに感謝です

レッスンの後は、読書スイッチが入るようで今日は寝る前に日本語の本なしでした
初のことです。。。
今日読んだ本はこちら




今更ながら息子にも娘にも英語のシャワー、心がけていきたいと思います



スポンサーサイト
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

No title

2回目のレッスンも無事すんだのですね♪
英語を習うのに、日本人の先生と、ネイティブの先生の2人は必要だと思ってます。
娘が英検4級を受ける前に1度Kalako先生にレッスンお願いしたのですが、英検とかこれからくる中学英語などはやはり日本人の先生でしか教えれないところがあると思います。
されど、英語育児はお金が何ぼあっても足りません~。
安く英語育児できるお手伝いを色々企画しますのでよろしくお願い致します。

>hollyさん
> 英語を習うのに、日本人の先生と、ネイティブの先生の2人は必要だと思ってます。>
私もそう思います。自分が英語を習う際にも、簡単なところであればネィティブの先生で
大丈夫なのですが、深く真に理解するためには、時折母国語でしっかりとした説明が
いるのではないかなと思うんです。
英語をそのままナチュラルに理解できるのが理想だとは思うのですが我が家では
そこまでのシャワーを浴びせる時間はないので。。。

> されど、英語育児はお金が何ぼあっても足りません~。
> 安く英語育児できるお手伝いを色々企画しますのでよろしくお願い致します。
本当にv-12
私はいつもボーナス時期にガッツリ買い込むようにしています。
いつか孫にも使ってもらえる時期が来たらいいなと思いながら先行投資と
思うようにしています(笑)。
プロフィール

ぶんぶん

Author:ぶんぶん
大阪で生まれ育ち、中高と大阪の女子校に通い、
大学は神戸とばりばりの関西人。
2年ほど金融機関で働き、息子の妊娠を機に、
パートナーの勤務地である広島尾道へ。
就職以来出る出ると言われつつ、未だ海外赴任を経験することなく今に至る。

2005年7月に息子を出産。
2007年11月に娘を出産。

スポンジのような頭に、いかに本人が勉強していると思うことなくいろんな情報をインプットし、いろんな体験をさせてあげられるか模索中。
多様性のある見方ができる、自分の意見をきちんと人に伝えることができるそんなひとになって欲しいと思います。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村 子育てブログ バイリンガル育児へ
にほんブログ村 子育てブログ 子供の習い事へ
最新コメント
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。